HOME AIBICとは AIBICの組織概要 AIBIC会員募集要項 ご連絡

当社団法人目的及び事業

一般社団法人 アイビック 事業目的

 当法人は、国内及び海外会員企業の事業活動の交流、振興、各種関係機関への交渉、申請又は調査実施等を行い国内外の会員企業の発展と国際経済及び人材の交流に寄与します。
また、再生可能エネルギー(第一種農地におけるアグリソーラー及び風力発電等の普及)、新資源(食糧、森林、海洋、その他)の調査、研究、これらの事業の実施を行う事を目的とします。
アジア諸国の経済、企業、文化等の情報を総合的に集計しこれらの情報をインターネットによるポータルサイトの開設運営をします。

 
一般社団法人 アイビック 事業計画

離島災害時避難所プロジェクト準備委員会設立
2015年5月離島災害時避難施設建設の提案と実施の
プロジェクト設立準備室が発足いたしました。
アイビックは中心メンバーとして参画いたします。

東日本震災復興事業の参入しました
2015年1月に福島被災地復興事業に参画しました。

名称を変更しました。
2014年8月18日に一般社団法人国際ビジネスインテリジェンスから、『一般社団法人アイビック』に社団名を変更しました。
また、役員の変更も同時に行いました。

アグリソーラーへの参入
・農地転用の不可とされていた第一種農地への農林水産省の許可が昨年3月にされました。
それに伴い南アルプス市において第一号の農地発電所が我々のグループで申請と施工が行われ、今年1月に発電開始を致しました。
・当社団はこれに伴い全国でアグリソーラー事業を開始致しました。

一般社団法人全国アグリソーラー協会と提携
・当社団の理事が一般社団法人全国アグリソーラー協会の理事に就任しました。

再生可能エネルギーによる発電関連事業への参入
・事業用及び個人住宅用太陽光発電事業を開始いたしました。

環境関連事業への参入を開始
・PCB処理事業を開始いたしました。
・ゴミ処理機事業を開始をいたしました。
・その他環境機器の取扱いを開始しました。
詳細はお問合せください。

島嶼再生可能エネルギープロジェクト。
東京島嶼部を中心再生可能エネルギープロジェクトを計画。
に全国の離島の問題にも対応。

海外ガソリンスタンド普及
AIBICはアジア各国のガソリンスタンドの普及に伴い、ガソリン計量器の販売事業を行います。ベトナムを皮切りに、新品の販売はもとより、会員企業の依頼により全国より中古品も買付を行い、車新世紀への発展を促進する為の協力をいたします。
全国より計量器の情報をお寄せください

アジアの子供達(Photo by T.Oka)
  AIBICの沿革
▲TOPへ

Copyright (C) AIBIC.org, All Rights Reserved.
最終更新日:2012.05.09